有機・オーガニック

オーガニックコットンの下着で毎日心地よく!おすすめブランド

Pocket

肌に直接触れるものこそ、こだわりたいですよね。 肌にも環境にも優しいオーガニックコットンの下着なら、毎日を快適に心地よく過ごせること間違いなしです。今回はおすすめのオーガニックコットンの下着をご紹介します。

国内のオーガニックコットン製下着のおすすめブランド

PRISTINE(プリスティン)

オーガニックコットンの下着

肌に触れる下着こそ、安心安全のオーガニックコットン製品に!

メイド・イン・ジャパンにこだわり、暮らしに寄り添うオーガニックコットンブランドです。ブランド名の「PRISTINE」は、「素朴な、清らかな状態を維持し続けていくこと」という意味です。

日本でオーガニックコットンがさほど知られていなかった1996年に先駆けとして誕生した「PRISTINE」。無染色にもこだわり、ものづくりをするすべての工程において地球・環境・人にやさしく方法を選んでいます。

また、原綿から最終製品になるまでのプロセスはすべて自社管理で、生地選びから縫製までにつまっているやさしい工夫があふれています。

SkinAware(スキンアウェア)

国内はもちろん、海外でも高い評価を得ている可児ひろ海さんがデザイナーをつとめる「SkinAware」は、「素肌にのせた時に目覚める意識『aware』を呼び起こす」をコンセプトに、地球の強さや優しさを感じるオーガニックウェアを販売しています。リラックス効果のあるとされる「ボタニカルダイ(植物染め)」によって美しい色を表現し、ベーシックながらもさりげないデザインは、さすがの一言です。

もちろんオーガニックコットンにもこだわり、糸の段階から認証・認定を受けたオーガニックコットンを使用しています。

nanadecor(ナナデェコール)

「女性らしさ、優しさを大切に」そんな願いがうまれた「nanadecor」は2005年に誕生しました。リラックスできる、シンプルで上質な生活をプレゼントしてくれるオーガニックコットンブランドです。

洗い込むごとにとろけるような肌触りが増していく、着るたびにやわらかな肌触りが実感できる「nanadecor」のオーガニックコットンウェア。素材を選びぬき、縫製にこだわることで、実現させました。オーガニックコットンでは珍しい花柄やギンガムチェックなどのモチーフも、女性らしさを表現しています。

天衣無縫(てんいむほう)

1993年から「自然を生かした、ここちよく美しい」製品づくりを始めたオーガニックコットンブランド。天女の衣には縫い目がないことから転じ、「詩歌などに細工やわざとらしさがなく、自然かつ完全に美しくつくられていること」を意味する「天衣無縫」がブランド名です。

オーガニックコットンの素晴らしさを広めるだけでなく、国内での綿花栽培を目指し、様々な活動も行なっています。国際的な認証機関によって証明された原料を使用し、テキスタイルの分野でその時代の最高水準であることを追求しています。

身近で手に入るオーガニックコットンの下着

身近なブランドでもオーガニックコットンの下着が試せます

オーガニックコットンのキャミソールを着た女性

馴染みのあるブランドでも購入が可能です。

もう少し気軽にオーガニックコットンの下着を試したいという人には、「GUNZE」、「無印良品」、「トップバリュ」などでもオーガニックコットンの下着の取り扱いがあります。

人や自然に優しいオーガニックコットンはますます需要が高まり、さらに広まっていくと考えられています。普段の下着をオーガニックコットンのものに変えるだけで、あなたも自分を、そして地球を大切にすることを、始めてみませんか。

石岡慶子
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

*

error: Content is protected !!