有機・オーガニック

本当のオーガニックの意味を知っていますか?

Pocket

コスメやレストランなど、近年街には「オーガニック」という言葉が溢れています。当たり前のように使うようになった「オーガニック」ですが、その正しい意味を理解していますか?
今回は「オーガニックとは」という観点で、オーガニックを見直してみることにしましょう。

オーガニックとは?

有機栽培とは?

オーガニック(organic)とは、「有機栽培」という意味になります。

有機栽培とは、化学肥料や化学農薬を用いず、有機肥料を用いて栽培する方法のことです。日本では、食品に関しては農林水産省が定めた基準を満たしたものだけが、「オーガニック」や「有機栽培」という表示ができます。

その基準とは、

  • 化学合成の肥料や農薬を使用せず栽培している
  • 畑の土にも化学合成の肥料や農薬を使用していない
  • 遺伝子組み換えではない
  • 種や苗も有機栽培している

などです。

特別栽培農産物とは違う?

気をつけたいポイントとして、オーガニックと特別栽培は違うという点が挙げられます。

特別栽培は通常の半分以下の量であれば、化学肥料や農薬を使用してもよいのですが、オーガニックは天然原料のものしか使用が許可されていません。一例を挙げると、微生物を有効成分とする殺菌剤やデンプン水和剤などです。

ちなみに、化粧品などは食品と違って明確な基準がなく、「オーガニックコスメ」という表示があっても、メーカーによって差がある状況です。

本当のオーガニックの意味を知っていますか?

では、オーガニックコスメの基準とは一体どういうものなのでしょうか

オーガニックコスメの基準

実は日本だけでなく、国際的にもオーガニックコスメの統一された基準がないのが現状です。ただ、海外の認証団体はいくつか存在し、日本でも誕生しています。それらの基準にも多少差がありますが、大まかに見てみると、以下のようになります。

  • 鉱物由来の成分はできるだけ使わない
  • 動物成分は使わない
  • 植物原材料の70%以上はオーガニック栽培のものであること

このように、徐々にコスメにおいても、「オーガニックとは」という基準ができつつあります。

国内のオーガニック認証マーク

本物のオーガニックであることを証明するマークがありますので、ご紹介します。

有機JAS規格認定

1999年に改正されたJAS法に基づいて生産・製造されたオーガニック食品につけられるのが「有機JASマーク」です。国産品でも輸入品でも、このマークを得た食品のみ、有機栽培やオーガニックの表示ができます。

日本オーガニックコスメ協会認定

2007年に環境NGO「アイシスガイアネット(IFOAM会員)」によって設立された一般社団法人です。消費者の立場に立って、独自のオーガニックコスメ基準を普及することを目的としており、認証コスメに「JOCA」マークを表示しています。

本当のオーガニックの意味を知っていますか?

国内のオーガニック認証マーク

海外のオーガニック認証マーク

海外のオーガニック食品やコスメを選ぶ際に、参考になるマークを紹介します。

ECOCERT(エコサート)

1991年に設立された、フランスのトゥールーズを本部とする国際有機認証機関です。認証件数は世界トップクラスで、世界各地に23の支社があります。

cosmebio Bio(コスメビオ)

フランスの非営利団体「Cosmebio」が認証したオーガニックコスメに表示されるのが、「Bio」マークです。「エコサート」とほぼ同じ基準となっています。

USDA Organic(ユーエスディーエー オーガニック)

アメリカ合衆国農務省認証のオーガニックマークで、コスメだけでなく、食品にも用いられています。日本の「有機JAS規格」にあたると考えて良いでしょう。

ACO(エーシーオー)

オーストラリアのオーガニック認定機関で、もともとオーガニック食品の認定を行っていました。その安全性には定評があり、口にしても問題ないレベルのコスメにのみ、認定マークがついていると言われるほどです。

本当のオーガニックの意味を知っていますか?

海外のオーガニック認証マーク

情報が溢れ過ぎている現代で、オーガニックとは?と悩んだ時には、これらのマークを参考にするのがおすすめです。本物のオーガニックであれば、必ず認証マークがありますので、探してみてください。

石岡慶子
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

*

error: Content is protected !!