美容・コスメ

化粧水ってやっぱり大事!選び方や使用するベストタイミングをご紹介

Pocket

普段のスキンケアで、多くの女性が取り入れているであろう化粧水。今回は、化粧水について解説したいと思います。化粧水の大切さや、化粧水を使用するベストタイミングなどをご紹介していきます。

化粧水とは

化粧水の正体

化粧水の成分の大半を占めるのが水分です。約80%の水と、10%アルコール成分、そしてその他に乳化剤や防腐剤等を含んだものが一般的な化粧水となっています。化粧水によっては、ヒアルロン酸やセラミドなどの美容成分を多く配合しているものや、防腐剤や香料を使用していないものもあります。

化粧水の成分に関しては、自分のこだわるポイントと照らし合わせて、それに合うものを選ぶようにしましょう。

化粧水の効果

一般に、化粧水は洗顔後の化粧をしていない状態の肌に使用します。そして、肌に直接塗布することで潤いを与え、乾燥や肌荒れを阻止する働きがあるのです。

化粧水を使用せず、乳液などのみで肌の手入れを済ませたとしても、乳液は化粧水で補った水分を肌に閉じ込める作用がメインのため、肌に行きわたる水分量が不十分になってしまいます。

化粧水の種類

化粧水にはいくつかのタイプがあります。種類によってテクスチャが異なり、使用感や効果も異なります。自分の肌に合ったもの・自分好みのものを見つけましょう。

皆さんが真っ先に思い浮かべる化粧水が一般化粧水です。これは、先ほど紹介した化粧水の効果に当てはまるもので、肌に潤いを与え、肌の乾燥・肌荒れを防止します。

この他にも、ふき取り化粧水・ニキビ用化粧水・美白化粧水など、用途・目的の異なる化粧水が数多く販売されています。化粧水の前に使用するタイプのプレ化粧水というものもあります。

化粧水ってやっぱり大事!選び方や使用するベストタイミングをご紹介

化粧水とは?

化粧水の使い方

ベストタイミング

化粧水を使用するベストタイミングは入浴や洗顔の直後です。特に、湯船にしっかりとつかり、代謝があがり、毛穴も開いた状態のお風呂上りの肌は、急速に水分を失います。お風呂上りは、早急に水分をチャージする必要があります。

お風呂上りのケアの理想は、湯船から出た後、顔はタオルなどでゴシゴシと拭くことなく、ビショビショのまま、化粧水で保護してほしいものです。ですので、脱衣所など、お風呂から出たらすぐに手が届く場所に化粧水を置いておくと良いかもしれません。

化粧水を使用する上で気になるのがその量です。大抵の化粧品には、使用方法や適量が記載されています。記載されている量以上を使うのが基本です。高価な化粧水ほど、もったいなくて量を減らして、薄く塗り広げてしまいがちですが、それでは逆効果です。たっぷりの化粧水で肌全体を覆うことができ、多少つけすぎかな、と思うくらいの程度が理想的でしょう。

化粧水の選び方

ドラッグストアや百貨店の各化粧品ブランド、インターネットなどでは、様々な種類の化粧水が数多く市販されています。この膨大な種類の中から、自分に合った、自分好みの使用感の化粧水を探し出すことは至難の業です。化粧水を選ぶ際、まずどこで購入するのかを決めましょう。

ドラッグストアですと、比較的安価で、人気な商品がそろっており、化粧水が切れてリピート買いするときもいつでもどこでも同じ商品を買い足しやすい、といったメリットがあります。

百貨店などの各化粧品ブランドの化粧水ですと、多少値が張る分、各ブランドに精通したアドバイザーの方に自分の肌の悩みを相談し、自分に合う化粧水を紹介してもらえ、試供品などで実際に試してみることも可能です。

インターネットで化粧水を探す場合は、あまり店頭で取り扱っていないような類の化粧水の購入もできますし、忙しくて店舗に化粧水を購入しに行く時間がない方も隙間時間に購入でき自宅まで配送してもらえるというメリットがあります。

いずれの場合で購入する際も、現代ではインターネット上には数多くの化粧品の口コミサイトがあります。口コミサイトは実際にそのコスメを使った人がその感想を主観的に記載しているものですが、なかなか信用できるものも中にはあります。

たしかに、インターネット上の情報は取捨選択が大切ですが、有用な情報もあることは確かなので、インターネットを上手に使って、自分好みの化粧水探しをしてみることも大変おすすめです。

化粧水ってやっぱり大事!選び方や使用するベストタイミングをご紹介

化粧水の使い方

化粧水を使う上で注意すること

皮膚症状

化粧水を使用する際に気を付けて欲しいのが、肌に合うかどうかです。もともとアレルギー体質であったり、過去に他の化粧水や化粧品で荒れたり赤くなったりしたことがある人は、いきなり顔に使うのではなく、顔よりも敏感でない腕や手の甲などでパッチテストを行ってから化粧水を使用するようにしましょう。

また、日焼けをしたり、生理中だったりした場合は、普段より肌が敏感になっている場合があるので、新しい化粧水を試すタイミングは見送り、遅らせるようにしましょう。

目に入らないように

当たり前のことではありますが、化粧水は目に入らないように注意して使用しましょう。化粧水が目に入った場合は大量の水道水で洗い流し、痛みやまぶしさなどの症状が残る場合は眼科を受診しましょう。

化粧水ってやっぱり大事!選び方や使用するベストタイミングをご紹介

化粧水を使う上で注意すること


化粧水について、意外と知らないこともあったのではないでしょうか。自分好みで、自分の肌に合った化粧水を毎日使って肌を手入れすることで、きっと毎日のメイクも楽しくなるはずです。

石岡慶子
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

*

error: Content is protected !!