その他

コンタクトレンズを正しく使っていますか?コンタクトレンズの正しい使い方

Pocket

皆さんは普段、裸眼で生活をしていますか?それとも眼鏡やコンタクトレンズを使用していますか?裸眼で視力が足りない方は、眼鏡あるいはコンタクトレンズを日常的に使用しているはずです。コンタクトレンズは現在、様々な種類のものが各社から市販されています。
誤った使用方法を続けると目のトラブルにつながる可能性もあるコンタクトレンズについて、今回は正しい使用方法をご紹介します。

コンタクトレンズの種類

まずはコンタクトレンズの種類についてです。

ハードとソフト

コンタクトレンズは大きく分けてハードタイプとソフトタイプに大別されます。

ハードタイプは昔からあるタイプでガラスのような固い素材でできています。イメージで言いますと、小型の眼鏡のレンズを眼球に装着するイメージです。これは、目への負担が大きく、割れる危険性などもあり、現代ではあまり使われておりません。

現代の主流はソフトタイプのコンタクトレンズです。これは薄くて柔軟性のあるコンタクトレンズで、シリコーンなどが使用されています。こういったソフトタイプのコンタクトレンズは、酸素透過性が高いものが多く、目への負担を最小限に抑えてくれます。装着時のゴロゴロとした異物感も少なく、つけていることを忘れるほど快適にコンタクトレンズを使用できます。

今回は、ソフトタイプのコンタクトレンズについて主に解説します。

ワンデイ

ワンデイタイプのコンタクトレンズはその名の通り、1日での使い捨てタイプです。これは、コンタクトレンズを使用した後の洗浄の手間が省け、どこでも捨てることができるので便利です。旅行や出張などの時だけこのタイプのコンタクトレンズを使用するというのもおすすめです。

ワンデイタイプは毎日新しいものを使用できるため、もっとも衛生的に使うことのできるコンタクトレンズです。コンタクトレンズをできる限り清潔に使用したいという方におすすめです。

ですが、毎日新しいものを使うため、他のタイプのコンタクトレンズに比べて1カ月当たりのランニングコストは高くなりがちです。ですので、毎日必ずコンタクトレンズを使用する方というよりは、数日に一回など日をおいてコンタクトレンズを使用する方にワンデイタイプはおすすめです。

ツーウィークやワンマンス

ツーウィークやワンマンスタイプのコンタクトレンズは、同じコンタクトレンズを2週間や1カ月の間使用するタイプのコンタクトレンズです。そのため、使用後は専用の洗浄液を使用してコンタクトレンズを自分で洗って衛生管理をする必要があります。手間がかかりますが、ワンデイタイプよりも経済的にコンタクトレンズを使用できます。毎日必ずコンタクトレンズを使用し、できるだけ安くコンタクトレンズを使用し続けたいという方にはこういったタイプがおすすめです。

コンタクトレンズを正しく使っていますか?コンタクトレンズの正しい使い方

コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズの正しい使用方法

コンタクトレンズの正しい取り扱い方法、使用方法を解説します。

眼科を受診する

まず、コンタクトレンズを手に入れる際、皆さんはどこで購入していますか?現代では、インターネット上のオンラインショップなどでも手軽にコンタクトレンズを購入することができるようになっています。特にその傾向は、若い女性やカラーコンタクト購入者に顕著です。ですが、眼科を一度も受診せずにコンタクトレンズを使用し始めて、使用し続けるのは大変危険なことです。

眼鏡とコンタクトレンズでは、装着時の眼球との距離が異なります。眼鏡はガラス部分から眼球まで2~3㎝程度ある一方で、コンタクトレンズは眼球に密着します。そのため、眼鏡を作った時の視力の度数が、コンタクトレンズと必ずしも一致しないのです。ですので、自己判断でコンタクトレンズの度数を決めてオンライン等で購入するのではなく、まずは眼科を受診してコンタクトレンズ用の視力を測定してもらいましょう。

また、コンタクトレンズは眼球に触れるものであるため、時には眼球を傷付けてしまう場合があります。これは長時間の装着などの不適切なコンタクトレンズの使用方法によるものであることが多いのですが、眼球が傷ついていないか、定期的に眼科で検診してもらうことも大切です。ですので、コンタクトレンズを使用する際は、かかりつけの眼科をこまめに受診して、安心してコンタクトレンズを使用できるように心がけましょう。

清潔に扱う

コンタクトレンズを付けたり外したりする際、手を清潔にしましょう。石鹸で手を洗い、使い捨てのペーパータオルなどで水気をふき取り、清潔に保った状態の手でコンタクトレンズを扱うようにしましょう。

また、この際、手を清潔にするという面ではアルコール消毒をしたくなるかもしれませんが、手に残ったアルコールが目に入ると危険ですので、コンタクトレンズを扱う際の手洗いではアルコール消毒は必要ありません。特にコンタクトレンズの装着時についてですが、装着前のコンタクトレンズをむやみに触ることなく、触れる回数は最低限にするように意識しましょう。そして、特に眼球に直接触れるコンタクトレンズの内側部分は極力触れるのを避けるようにしましょう。

コンタクトレンズを正しく使っていますか?コンタクトレンズの正しい使い方

コンタクトレンズの正しい使用方法


いかがでしたでしょうか。今回は、コンタクトレンズについて解説しました。自分に合ったコンタクトレンズを選んで、正しい使用方法でコンタクトレンズとうまく付き合いましょう。

石岡慶子
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

*

error: Content is protected !!