健康

玄米を取り入れた食生活で健康な身体へ!

Pocket

最近では、おしゃれなお店でランチをすると白米か玄米か選ぶことのできるお店もあり、玄米に対する世間の関心は高まっているのではないでしょうか。玄米を普段の食生活に取り入れることでどのようなメリットがあるのでしょうか。また、玄米を取り入れた料理にはどのようなものがあるのでしょうか。

玄米について

玄米について、まずはおさらいです。

玄米とは?

玄米と白米、同じお米からできるものですが、食べる部位が正確には異なります。収穫されたお米から“もみがら”を取り除いたものが玄米です。この玄米は、胚乳と胚芽とぬかから成ります。胚芽とぬかにはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれていますので、玄米が身体に良いとされるのはこのせいです。

一方、白米は収穫されたお米のうち胚乳だけを指します。つまり、白米は、お米本来がせっかく持っていた食物繊維などが除去された状態なのです。

玄米のカロリー

お茶碗1杯分で、玄米と白米のカロリーを比較してみましょう。

玄米は248kcalなのに対し、白米は252kcalです。以外かもしれませんが、カロリーで比較すると玄米と白米は大差ないのです。むしろ、ヘルシーだと勘違いして玄米を食べすぎてしまい、結果的に高カロリーを摂取してしまう事すら考えられます。

ですので、玄米は決してカロリーが低いわけではない、ということを知っておくことが、玄米を取り入れた食生活を始める方には重要だと思われます。

玄米の食物繊維

カロリーが低いわけではないということは、玄米はダイエットには向いてないのでしょうか。決してそんなことはありません。玄米の最大の魅力はその食物繊維の豊富さです。

可食部100gで考えると、食物繊維量は、白米が0.5gなのに対し、玄米は3.0gです。食物繊維が白米の6倍も含まれているのです。

食物繊維は、私たちの腸内環境を整えて便秘を和らげてくれたり、糖の吸収を抑えたり、コレステロールを低下させたりする働きが知られています。玄米を普段の食生活に取り入れることで、便秘になりにくい身体づくりにつながり、結果的にダイエットになるのです。白米と同じ量にもかかわらず、玄米を食べることで便秘が解消され、ダイエットになるのは、嬉しいですよね。

また、食物繊維が糖の吸収を抑えてくれるので、食後の急な血糖値の上昇も防げます。お昼ごはんを食べた後急激に眠くなる方は、玄米に変えてみることで、血糖上昇による眠さを和らげられるかもしれませんね。

玄米を取り入れた食生活で健康な身体へ!

玄米のカロリー、食物繊維について

玄米を取り入れた自宅でのおすすめ料理

玄米の調理法

玄米の殻の周りには、「アブシジン酸」と呼ばれる植物由来ホルモンが存在しています。アブシジン酸は、人間の体内でミトコンドリアの運動を低下させると言われており、はっきり言って継続して摂取することは好ましくない物質です。ですので、玄米を調理する場合は、このアブシジン酸を取り除く必要があるのです。

アブシジン酸は高温に弱いため、直接フライパンで炒るという方法があります。10分ほど炒ることで表面の色が薄っすらと変化し、はじけるような音が始まったら火を止めます。その後は炊飯器の玄米モードの指定に従って水分量を調節し、白米と同様に炊飯器で炊くだけです。炒るというひと手間はありますが、その分安心して玄米を取り入れた食生活を続けることができます。

玄米を取り入れたレシピ

玄米を扱うレシピ本は、世の中に数多く出版されています。今回は、今日から始められる、インターネット上で見つかる玄米レシピを紹介します。

「クラシル」というスマホアプリは、自宅で取り入れやすい献立やレシピを動画を添えて紹介してくれています。誰でも登録なしに無料で利用できるおすすめのアプリです。今回はクラシルで紹介されている玄米レシピを紹介します。

「おなかスッキリ!ささみの玄米混ぜごはん」

玄米をそのまま食べるだけではどうしても味に飽きてしまうことがあります。そんなときは、混ぜご飯で工夫してみると良いかもしれませんね。

玄米を美味しく頂けるおすすめレストラン

「結わえる 本店」

東京台東区にある「結わえる 本店」では昼も夜も玄米が楽しめます。

結わえる本店の一膳飯屋では、おかずや汁物を自由に組み合わせて選ぶことができる、寝かせ玄米定食がおすすめです。玄米にぴったりな旬の野菜や汁物は絶品です。自宅で玄米を取り入れるヒントにもなるので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

「なぎ食堂」

東京渋谷にある、ベジタリアン食堂です。

ベジタリアンと聞くと、とっつきにくい人もいらっしゃるかもしれませんが、なぎ食堂はリーズナブルな価格で楽しめる“ジャンクなベジ屋”であり、気軽に入れるお店です。

今回紹介した渋谷店以外にも、武蔵小山にもお店があったり、ケータリングサービスも行っていたり、何度も足を運びたくなります。1000円以下でランチやお弁当を楽しめ、玄米を食べられるのでおすすめです。特に、玄米総菜膳は神保町界隈でひそかなブームとなっており、玄米にピッタリの種類豊富なおかずが魅力です。

玄米を取り入れた食生活で健康な身体へ!

玄米を美味しく頂けるおすすめレストラン


いかがでしたでしょうか。魅力たっぷりの玄米について、今回はご紹介しました。

玄米は食物繊維が豊富で身体に良いことづくしです。今回紹介した玄米を取り入れたレシピや、玄米が食べられるレストランをぜひ試してみてはいかがでしょうか。きっと自分の生活スタイルにあった玄米の取り入れ方が見つかるはずです。

石岡慶子
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

*

error: Content is protected !!